ISAO YAMAGUCHI

山口 功

ヤマグチ イサオ

 

◇ アーティスト・ステイトメント

 

 私は記号・象徴的な要素を使い、現代社会をテーマとした作品を作っている。このアーティスト・ステイトメントではテーマ(現代社会)と記号・象徴的な表現方法について説明する。

現代人はかつて存在しなかった二つの感覚を持つに至った。その一つは「心身の分解」である。昨今の医療技術の進歩は臓器を取り替えることも可能にした。臓器移植は心臓ですら可能であり、人工臓器の発展も目覚しい。また、美容整形手術も広まってきている。現代人は自らの見た目もかなりの程度コントロールすることが可能になったのである。一方、脳科学は心の働きを精巧な機械のように、脳の科学的な反応に還元して理解しようとしている。我々は分解されているのである。

二つ目の身体感覚は「仮想空間への拡散」である。昨今、多くの人は携帯電話を持っている。2009年頃以降デザインされた機種はインターネットの利用も簡単に行なえ、現代人は携帯電話をただ電話するだけに使うのではなく、携帯端末としてインターネットに接続するのである。言い換えれば場所や時間を選ばずにいつでもインターネット利用ができるということであり、それを当然と思っている。もし、携帯電話もインターネットも利用しなかったら現代社会を生きていくことが困難であろう。携帯電話は人間の第六感になり始めている。

しかし、このような現状を多くの人々は気付いていない。私は、作品を通してこの現象を提示したいと思っている。

私はこれらのテーマを表現するのに記号・象徴的な方法を使っている。記号・象徴的な手法は、「わかりやすくさせる」「受け入れられやすくさせる」「意外性のある面白さをださせる」といった効果をもたらのである。私のテーマは時として受け止めるのがたいへん辛い場合があるが、そんな場合も記号・象徴的な手法を使えば受け入れやすいように、面白みを加えて提示することもできるのである。そして、鑑賞者はそれらの作品を通して現代社会はどんなものなのか拒絶反応を起こすことなく考えるきっかけを得られるのである。

私は人々に現代社会の変容や特徴をよく考えた上で、適切に受け入れてもらいたいと思っていて、そのように促す作品を作りたいと思っている。

 

 

◇ 学歴

2008.4-2012.3 東京芸術大学 大学院 博士課程 油画

2009.4-2010.3 グリフィス大学 (交換留学)

2006.4-2008.3 東京芸術大学 大学院 修士課程 油画

2002.4-2006.3 東京芸術大学 油画

 

◇ 主な個展

2016.12 「うずまき伝声管」山口井筒屋 美術ギャラリー・山口県山口市

2015.8 「箱と殻の時代-山口功増殖作品展」ギャラリーナカノ・山口県山口市

2013.4 「殻から伸びる伝声管」アートイマジンギャラリー・東京都国立市

2012.4 「要塞ぐらしの日々淡々」MUSEE F・東京都渋谷区

2011.10 「架空の臓器・機械式の繭」ヴァリエテ本六・東京都文京区

2011.1 「夢のような現実感-山口功増殖作品展」アートイマジンギャラリー・東京都国立市

2009.9 「INFORMATION ANGEL」The College Gallery-QCA・オーストラリア、ブリスベン

2009.3-4 「情報天使の地図」GALLERY BAR & CAFF NORAYA・東京都杉並区

2008.9-10 「方舟とドック-山口功増殖作品展」 アートイマジンギャラリー・東京都国立市

 

◇ 受賞歴

2016.1-2 「第8回やまぐち新進 アーティスト大賞 最終選考ノミネート作品展」 クリエイティブ・スペース

      赤れんが・山口県山口市(大賞)

2015.9-10 「第69回山口県美術展覧会」山口県立美術館・山口県山口市(佳作賞)

2014-10 「第68回山口県美術展覧会」山口県立美術館・山口県山口市(佳作賞)

Artist File Top

◇ Artist Statement   

 

I make symbolic works whose theme is contemporary society. I am going to explain my theme, then symbolism, in this artist’s statement. I am sure people living in contemporary society have two new senses. One of them is Disjointing of human body and mind. Contemporary technology can replace human organs if it is necessary. It is possible to transplant organs, even hearts. Additionally, some artificial organs have been developed. There is also cosmetic surgery. We can change our appearances. Furthermore, neuroscience has tried to make clear how the brain works, and define the mind. We often think humans are comprised of parts like robots. We are disjointed.

   The other sense is connection for Internet. Most people have cell phones today. Many models, which were released after 2009, can access the Internet. We do not use cell phones just for calling but also we use e-mail and access the web. We also can do it whenever, wherever and personally. If you do not use a cell phone or the Internet, you find it difficult to live in contemporary society. Cell phones have become to look like sixth sense for people.

   However people do not become aware of these things. I believe I would like to express this phenomenon.

   I express these themes in symbolic ways. I am sure that symbolism has useful effects to express such a theme. The effects make works clear, acceptable and humorous. The theme is sometimes very serious for us to be concerned about. However, if the theme is symbolized it can be accepted more easily, and it is clearer. We can realize what the features of contemporary society are from symbolic works.

   I would like to make something that concerns people in contemporary society, and accept it lustily. I am sure we need to apply many new technologies with deliberation. I am happy if my works make people do so.

 

◇ Education

2008.4-2012.3 Tokyo University of the Arts Art Department Oil Painting, Major Oil Painting [Ph.D Program]

2009.4-2010.3 PhD Fine Arts (exchange program) Queensland College of Art Griffith University

2006.4-2008.3 Tokyo University of the Arts Art Department Oil Painting, Major Oil Painting [Muster Program]

2002.4-2006.3 Tokyo University of the Arts Art Department Oil Painting, Major Oil Painting

 

◇ Solo Exhibition

2016.12  [The Spiral Speaking Tube – Yamaguchi Isao solo exhibition] YAMAGUCHI IZUTSUYA ART Gallery / Yamaguchi-ken Japan

2015.8  [An Era of Boxes and Shells - Yamaguchi Isao solo exhibition] Gallery Nakano / Yamaguchi-ken Japan

2013.4  [Speaking Tubes Growing from Shells] Art Imagine Gallery / Tokyo Japan

2012.4  [Daily Life in a Fortress] MUSEE F / Tokyo Japan

2011.10  [Imaginary Organs and Mechanical Cocoons - Yamaguchi Isao solo exhibition] Variete Honroku / Tokyo Japan

2011.1  [Sense of Reality like Dream - Yamaguchi Isao solo exhibition] Art Imagine Gallery / Tokyo Japan

2009.9  [INFORMATION ANGEL] The College Gallery - QLD / Australia

2009.3-4  [INFORMATION ANGEL’S MAP] (Zengo series) café NORAYA / Tokyo Japan

2008.9-10  [The Ark and the Dock] Art Imagine Gallery / Tokyo Japan

 

◇ Award

2016.1-2  [8th Yamaguchi Art Award for Rising Artist] Creative Space AKARENGA / Yamaguchi-ken Japan (Grand Prize)

2015.9-10  [69th Yamaguchi Art Award Exhibition] Yamaguchi Prefectural Art Museum / Yamaguchi-ken Japan (Fine Work)

2014-10  [68th Yamaguchi Art Award Exhibition] Yamaguchi Prefectural Art Museum / Yamaguchi-ken Japan (Fine Work)

Click!

” In Pursuit e of Beauty” 実行委員会事務局

アートイマジンギャラリー 代表:吉田 史崇

〒186-0002

東京都国立市東 1-15-33 ヒロセビル 5F

TEL&FAX 042-595-9612

This site is the planning center of the interchange exhibition held in 2017

Copyright(c) 2016 " In Pursuit of Beauty". All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now