梶 友哉

Title

タイトル

I am producing without thinking that I have to do this.

From the existence of the two sisters who died in childhood and the experiences that happened to themselves, I lived consciously about what is invisible but certainly exists.
I feel that I have been confirming the existence that I was alive at that time, looking at what I made.

こうでなくちゃいけないという事を考えずに制作をしています。

 

私は、幼少期に亡くなった二人の妹の存在や自身に起きた体験から、”目には見えないが確かに存在しているもの”を自然と意識して生きてきた。

制作したものを見て、その時々に自分が生きていたという存在確認をしている気がします。